• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 内裏の貞観殿 (じょうがんでん) の中にあり、内蔵寮で調進する以外の天皇の衣服などの裁縫をする所。

  1. 《「御匣殿の別当」の略》御匣殿の女官の長で、上﨟女房がなる。

貞観殿の異称。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉