1. 天皇・皇后などの年忌の法会 (ほうえ) 。転じて、貴人や宗派の開祖の忌日に行う法会。ごき。

  1. 浄土宗の寺院で毎年行う法然の年忌の法会。江戸時代以前は正月に行われたが、現在は4月に修する。京都知恩院の御忌大会が有名。法然忌。 春》「群集する人を木の間に―の寺/虚子