• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「みやすみどころ」の音変化。天皇の御休息所の意から》

  1. 天皇の寝所に侍する宮女。女御 (にょうご) 更衣 (こうい) 、その他、広く天皇に寵せられた宮女の称。また一説に、皇子・皇女の母となった女御・更衣の称という。みやすんどころ。「六条の御息所」

    1. 「上は、―の見ましかば、とおぼし出づるに」〈・桐壺〉

  1. 皇太子妃または親王妃の称。

    1. 「二条の后、春宮 (とうぐう) の―と申しける時に」〈古今・物名・詞書〉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉