• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[形動]

  1. 相手を気の毒に思うさま。身内を失った人に対するお悔やみの語。「このたびは―でございます」

  1. 1をもじって、気の毒に思う気持ちを、軽いからかいの意を含めていう語。「休日にも出勤とは―」