• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

天皇などに代わって御幣 (ごへい) を手に持ち、神事を行う者。また、幣 (みてぐら) とするもの。

「太襷 (ふとだすき) をとりかけ、―にして、もってこの神を祭るは」〈神代紀・下〉