[名]
  1. 相手を敬って、その手、また、その筆跡をいう語。「お手を拝借」「お手をわずらわす」「見事なお手の軸」

  1. 犬などが、片前足を上げ、差し伸べた人の手のひらにのせる芸。また、それを命じる語。

[感]相撲で、行司が二人を合わせるときの掛け声。
    1. 「『今度は心得て行司をせい』『畏ってござる。いや、―』」〈虎寛狂・鼻取相撲〉