• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 天皇が毎朝、清涼殿の石灰 (いしばい) の壇で、神宮・内侍所 (ないしどころ) 以下を拝すること。

    1. 「内侍所の―の数をかずへられければ」〈増鏡・おりゐる雲〉

  1. こうはい(向拝)