• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 子供が自分の父親を呼ぶ語。また、子供にとって父親のこと。「おかあさん」とともに明治37年(1904)から使用した文部省「尋常小学読本」(国定教科書)に採用されてから、「おとっさん」に代わって普及した。「―、お早う」「―の小さいころの夢はどんなだった?」

  1. 第三者がその人の父親を親しみを込めて呼ぶ語。「会社の者ですが、―はご在宅でしょうか」「先日、本屋で君の―を見かけたよ」

  1. 子供のいる家庭で、家族が子供の父親を呼ぶ語。子供の視点に立って、母親が夫を、祖父母が息子を指して言う語。「―、次の休日に子供と遊園地に出かけること忘れないでね」

  1. 子供をもつ男性を親しんで呼ぶ語。「―、お子さんの進路についてどうお考えですか」「若いのにもう―ですか」

  1. 父親が自分を指して言う語。「―に任せなさい」「―の若いころはもっと我慢したもんだ」

  1. (特に「お義父さん」と書く場合)配偶者や婚約者の父親のこと。

  1. 芸妓・女郎が、置屋や茶屋の男主人を敬って呼ぶ語。

[補説]第三者に対して自分の父親をいう場合、公の場や手紙文などでは「お父さん」ではなく、通常「父」を用いる。