• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 官庁の名や記章を記した提灯。官命に従事する者が夜間に携帯する。

  1. 江戸時代、捕り手が犯人を召し捕るときに用いた「御用」と書いた提灯。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉