• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

上代、多くの玉を緒に貫いて輪とし、首にかけたり腕に巻いたりして飾りとしたもの。

「弟棚機 (おとたなばた) の項 (うな) がせる玉の―」〈・上・歌謡〉

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉