ハマウツボ科の一年草。ミヤマハンノキの根に寄生し、高さ15~30センチ。根茎は寄主の根を包んで伸び、黄褐色の鱗片葉 (りんぺんよう) が覆う。夏、茎の先が膨らんで暗紫色の花を穂状につける。全草を干したものを和肉蓯蓉 (わのにくじゅよう) といい、強壮剤にする。黄紫茸 (きむらたけ) 。

[生物/植物名]カテゴリの言葉