東京都文京区湯島と千代田区神田駿河台の間を流れる神田川の掘り割り付近の称。ニコライ堂湯島聖堂がある。江戸初期、この地にあった高林寺境内の湧き水を将軍のお茶用としたところからの名。

狂言。和泉流では「水汲 (みずくみ) 」。住持に頼まれて野中の清水をくみにいった娘を、新発意 (しんぼち) が追って小歌で思いを語り、迎えにきた住持と争う。

出典:青空文庫