定見を持たず、その時、その場の都合や成り行きで、どのようにでも態度を変えること。オポチュニズム。

出典:青空文庫