• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸後期に荷田春満 (かだのあずままろ) 賀茂真淵本居宣長平田篤胤 (ひらたあつたね) らの国学者によって提唱された神道説の総称。儒教・仏教などの影響を受ける以前の日本民族固有の精神に立ち返ろうという思想。

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉