• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鰓脚 (さいきゃく) 目ミジンコ科の甲殻類。浅い池や水田にすむプランクトンの一。体は卵形の殻に包まれ、体長約2ミリ。夏には雌の単為生殖によって増え、温度が下がってくると雄も生まれるようになり、両性生殖を行う。広くは、ケンミジンコ・マルミジンコなども含めた総称。

[生物/動物名]カテゴリの言葉