• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

太陽系のような惑星系形成の初期段階にある原始惑星系円盤の中で作られる小天体。直径10キロメートル程度。円盤の内側には岩石や金属などの固体粒子が多く、外側には氷を含むものが多い。これらの小天体が衝突や合体を繰り返すことで原始惑星や惑星に進化すると推測される。また、太陽系で見られる彗星は、惑星形成に寄与せずにそのまま残った微惑星であると考えられている。