• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

水素に類似する原子のスペクトル線に見られる微細構造を説明するための物理定数。ゾンマーフェルトによって導入された無次元量であり、その値は約1/137である。

[補説]微細構造定数αは、ディラック定数ħ、光速度c、電気素量e、真空誘電率ε0を用いて、α=e2/4πε0ħcで表される。