• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸後期の史書。516冊。江戸幕府が大学頭林述斎を総裁として、成島司直らに編修させたもの。文化6年(1809)起稿、嘉永2年(1849)完成。徳川家康から第10代家治までの、歴代将軍ごとに区分した編年史。なお、第11代家斉以降を記した「続徳川実紀」がある。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉