徳川家康の解説 - 小学館 大辞泉

[1543~1616]江戸幕府初代将軍。在職1603~1605。松平広忠の長男。織田信長と結んで駿河を、豊臣秀吉と和して関東を支配。豊臣氏五大老の筆頭となり、秀吉の死後石田三成関ヶ原の戦いに破り、慶長8年(1603)征夷大将軍となって江戸に幕府を開いた。秀忠に将軍職を譲ったのち駿府 (すんぷ) に隠退したが、大坂の陣で豊臣氏を滅ぼし、武家諸法度などを定めて、幕政の基礎を築いた。東照大権現。
山岡荘八大河小説。北海道新聞などで昭和25~42年(1950~1967)に発表。昭和40年(1965)、伊藤大輔監督・脚本により映画化。出演、北大路欣也、万屋錦之介、有馬稲子ほか。

徳川家康の解説 - SOCKETS人物データベース

その他
生年月日
1543年1月31日 みずがめ座
没年月日
1616年6月1日(享年73歳)
別表記
竹千代 松平元信 次郎三郎元信 松平元康 蔵人佐元康

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉

[演劇・映画/演劇・映画の作品]カテゴリの言葉

出典:gooニュース