• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

徳田秋声の解説 - 小学館 大辞泉

[1872~1943]小説家。金沢の生まれ。本名、末雄。尾崎紅葉の門に入る。自然主義文学の代表的作家として活躍、大正中期以後は心境小説に秀作を残した。作「」「あらくれ」「仮装人物」「縮図」など。

徳田秋声の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
石川県金沢市
生年月日
1872年12月23日 やぎ座
没年月日
1943年11月18日(享年70歳)
別表記
徳田秋聲