• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

心の中の深い思いを水をたたえた池にたとえていう語。

「―の言ひがたき、修羅 (しゅら) の苦患 (くげん) の数々を」〈謡・実盛