• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 心の憂さを晴らす。気晴らしをする。

    1. 「花盛り、紅葉盛りなどにものし給ひて、心やり給ふ所あり」〈宇津保・春日詣〉

  1. 得意になる。思うままに事をする。

    1. 「わが心得たる事ばかりを己 (おの) がじし―・りて」〈・帚木〉

  1. 心をその方にやる。思いをはせる。

    1. 「旅の空を思ひおこせて詠まれたるにこそはと、―・りて」〈十六夜日記