[名](スル)
  1. 男女がその愛情の契りを守りぬくこと。また、それを証拠だてること。

    1. 「袴もいがみなりに仕立るのも、みんなあなたへの―」〈逍遥当世書生気質

  1. 他人への義理をあくまでも貫くこと。「やめたあとまで会社に心中立てすることはない」

出典:青空文庫