• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 思慮が足りない。気がきかない。

    1. 「かくまで―・れ、思ひやりなき事し出で給ふべしとは」〈狭衣・三〉

  1. 心がひるむ。気おくれする。

    1. 「あやしく―・れても進み出でつる涙かな」〈・梅枝〉