• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 心にとめる。念頭におく。

    1. 「常に心をかけて、しるきさまなる文などやあると…探し給へど」〈・宿木〉

  1. 異性に思いをかける。恋する。

    1. 「―・けたるすき者ありけり」〈・末摘花〉