• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

もの悲しくて、心が湿りがちになる。

「神無月なほ定めなき雲よりも―・るる夕暮れの空」〈夫木・一六〉