• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[形ク]

  1. 気が短い。気ぜわしい。せっかちである。

    1. 「春の花、いづれとなくみな開け出づる色ごとに目を驚かぬはなきを、―・くうち捨てて散りぬるが」〈・藤裏葉〉

  1. 飽きっぽい。移り気だ。

    1. 「たのもしげなきもの。―・く、人忘れがちなる婿の、常に夜離 (よが) れする」〈・一六四〉