• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[形動ナリ]

  1. 思慮分別に富んでいるさま。考えがしっかりしているさま。

    1. 「仕うまつる人の中に、―なるをえらびて」〈竹取

  1. 心持ちのしっかりしているさま。心丈夫。

    1. 「さりながら―に思 (おぼ) し召せ」〈浄・曽根崎