• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

心織筆耕の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

文筆で生計をたてること。心の中で機はたを織り、筆によって田を耕し生活する意から。▽「筆耕」は文筆によって生計をたてること。
出典
『雲仙雑記うんぜんざっき』九
句例
心織筆耕の生活
故事
唐の王勃おうぼつという人が、ある人に頼まれて文を作り、そのお礼に黄金と織物を車いっぱいにもらったことに対して、当時の人がからかった故事から。