• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 執着する。あとまで心を残す。

    1. 「いまはのきはまでいみじう―・き」〈夜の寝覚・四〉

  1. 打ち解けないで、心に隔てを置く。

    1. 「つゆ―・かれ奉ることなく、塵ばかり隔てなくてならひたるに」〈・蜻蛉〉

  1. 心遣いする。遠慮する。

    1. 「まことのよるべと頼みきこえむには必ず―・かれぬべし」〈・葵〉

  1. 注意する。用心する。

    1. 「はかなきことにも―・きて見とがめつべきに」〈夜の寝覚・一〉