• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

心臓の弁膜が機能障害を起こした状態。弁膜が十分に開かなくなる狭窄症と、しっかりと閉じなくなる閉鎖不全症があり、四つの弁膜(僧帽弁大動脈弁三尖弁肺動脈弁)のいずれかまたは複数に生じる。また、一つの弁膜に狭窄症と閉鎖不全症が同時に生じる場合もある。先天性・加齢・虚血などを原因として発症し、息切れ・動悸が起こり、肝臓肥大・むくみ・尿量減少などの症状を呈する。以前はリウマチ熱の後遺症として生じることが多かったが、抗生物質による治療の普及により、炎症性の心臓弁膜症は減少した。弁膜症。VDH(valvular disease of the heart)。