1. 心ばえ。心。

    1. 「人知れぬ我が―にあらねどもかきあつめても物をこそ思へ」〈和泉式部続集

  1. 綾絹の四隅や中央に、銀・銅などで作った梅花や松の枝などの形をつけ、組紐 (くみひも) で飾ったもの。香壺文匣 (ぶんこう) または贈り物などの上を覆うのに用いた。

  1. 饗膳 (きょうぜん) の四隅や贈り物などに、飾りとして添える造花。生花を用いることもある。

  1. 大嘗会 (だいじょうえ) などの神事に奉仕する官人采女 (うねめ) が、挿頭 (かざし) の花として頭につける、貝や金銀の金具の造花。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉