ふさいだ気持ちを晴らすこと。憂さ晴らし。

「発病後は…俳諧や将棋の本なぞをあけて、朝夕の―としている」〈藤村夜明け前