• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

心頭滅却の解説 - 学研 四字熟語辞典

無念無想の境地に達すること。雑念を排して集中すれば、火の中でも涼しく感じるということ。困難な状況にあっても、超越した境地にあれば、苦しくないということ。
注記
「心頭」は、心・胸の内。「心頭しんとうを滅却めっきゃくすれば、火も自おのずから涼すずし」の略。
故事
武田勝頼たけだかつよりが、織田・徳川軍に敗れた時、武田側の恵林寺えりんじの住職であった快川かいせんが、燃え上がる山門の上に座し、この語句を唱えながら焼死したことは有名。
出典
杜荀鶴とじゅんかく「夏日かじつ悟空上人の院に題す」
用例
暁に及んでいよいよ寒く、心頭滅却の修行もいまはあきらめて、ああ早く青森に着いて、どこかの宿で炉辺に大あぐらをかき、熱燗のお酒を飲みたい、と頗る現実的な事を一心に念ずる下品な有様となつた。〈太宰治・津軽〉

キーワード[悟り]の四字熟語