1. 人間の理性・知識・感情・意志などの働きのもとになるもの。また、働きそのものをひっくるめていう。精神。心情。「心の豊かな人」「心に浮かぶ思い」「心と心の触れ合い」「心を痛める」「心の晴れる時もない」

    1. ㋐偽りや飾りのない本当の気持ち。本心。「心が顔に現れる」「心から感謝する」「心にもないほめ言葉」「口と心の違う人」

    2. ㋑身についた感じ方や考え方の傾向。性分。性根。「生まれついての心は変わらない」「ねじけた心」「心を入れ替える」

    3. ㋒物事について考え、判断する働き。考え。思慮。分別。「心を決めたら迷わず進む」「会社再建に心を砕く」

    4. ㋓他人の状況を察していたわる気持ち。思いやり。情け。人情味。「心のこもった贈り物」「心をこめて編んだセーター」

    5. ㋔あることをしようとする気持ち。意志。「やるしかないと心を決める」「行こうという心が起こらない」

    6. ㋕物事に対する関心や興味。「遊びに心を奪われる」

    7. ㋖自分と異なるものを認め受け入れる余裕。度量。「広い心の持ち主」「心の狭い人」

    8. ㋗物事の美しさやおもしろさのわかる感覚。風流心。「詩の心にふれる」「美を求める心」

    9. ㋘覚えていること。記憶。「心に深く刻まれた痛み」「心に残る名演技」

    10. ㋙気をつけること。注意。留意。「心が行き届く」「隅々にまで心を配る」

    1. ㋐物事の本質をなす意味。また、芸術上の理念。「演技の心を会得する」「能の心は幽玄にある」

    2. ㋑なぞ解きなどで、その理由。わけ。「田舎の便りとかけて豆腐ととく。心はまめ(豆)で稼いでいる」

  1. 全く異なる他の物事に見立てること。つもり。

    1. 「まだ蓬莱 (ほうらい) は飾らねども、まづ正月の―」〈浄・阿波の鳴門

  1. おもしろくない思い。また、分け隔てする気持ち。

    1. 「かく親しき御仲らひにて、―あるやうならむも便なくて」〈・若菜上〉

[補説]書名別項。→こころ
[補説] 
2015年に実施した「あなたの言葉を辞書に載せよう。2015」キャンペーンでの「心」への投稿から選ばれた優秀作品。

◆漢字で書くのは簡単だが、読むのは極めて難しいもの。
へいしょさん

◆体の中にある細い枝のようなもの。強いストレスがかかるとポキッと折れることがある。
ちいちゃんパパさん

◆ある者にとっては鋼であり、ある者にとってはガラスであるもの。
Kentaさん

◆世の中で一番売ってはいけないもの。
Shinさん

◆誰も見た事がないのに、誰もがその存在を確信しているもの。
saraさん

◆無限のエネルギー。しかし時には熱を持ちすぎ制御不能になるときもある。二つ使用するときは特に注意(恋愛など)。
まなぶさん

◆人間の核。不安定で常に変化しており、脆く弱く壊れやすく、ときに自分の生死をも左右しうるもの。しかし、苦境を乗り越えるたびに強くなる。
bunbunさん

◆せかいいち性格の悪いともだち。
ホンダマリコさん

◆人間が存在する原点。目に見えないが、感情や思考、それに伴う行動などの人間には不可欠なものを動かす、なくてはならないもの。
水泳部のマネージャーさん

◆人間の核の部分。存在するようで存在せず、存在しないようで存在する。
ゆいおさん

◆目に見えず、触れることもできず、あったりなかったり、強かったり細かったり、人によっては頻繁に折れたりする。なのに、時々、すべてに打ち克つ力になる。
ふくにゃさん

◆頭の良きライバル。
カリカリさん

◆簡単には開かない箱の中に存在する世界。「心友」にだけ合鍵を渡しておく。
かぐやさん

◆他者を感じるときにその存在に初めて気づくもの。
スエルテさん