[形動][文][ナリ]人目をはばかって、ひそかに行うさま。動作などが静かで、人目に立たないさま。「忍びやかな足音」「秋の忍びやかな訪れ」

出典:青空文庫