• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 隠れすむ所。人目を忍んで通う所。

    1. 「いといたく色めき給ひて、通ひ給ふ―多く」〈・紅梅〉

  1. 懐かしく思い起こされる所。

    1. 「ここら年経給へる御すみかの、いかでか―なくはあらむ」〈・真木柱〉