《上代は上二段活用。平安時代になって「偲 (しの) ぶ」と混同し、四段にも活用》

[動バ五(四)]
  1. つらいことをがまんする。じっとこらえる。耐える。「恥を―・んで申し上げます」「不便を―・ぶ」

  1. 自分の存在や行いを、人に気付かれないようにする。外から見えないようにして身を置く。隠れる。「人目を―・んで通う」「―・ぶ恋」「世を―・ぶ」「物陰に―・ぶ」

[可能]しのべる
[動バ上二]
  1. (現代語に残存したものとして、ふつう「…にしのびず」「…にしのびない」など打消しの語を伴った形で用いる)救ってやりたい、捨てるに惜しい、といった気持ちを現したいのを押さえる。こらえる。「正視するに―・びず」「たっての願いを断るのは―・びないが」→しのびない

  1. 1に同じ。

    1. 「人目多み目こそ―・ぶれすくなくも心のうちにわが思はなくに」〈・二九一一〉

  1. 2に同じ。

    1. 「惟光の朝臣、例の―・ぶる道はいつとなくいろひつかうまつる人なれば」〈・松風〉

出典:青空文庫