福岡県北西部、海ノ中道にある陸繋島 (りくけいとう) 。古来、大陸交通の要地。天明4年(1784)に「漢委奴国王 (かんのわのなのこくおう) 」の金印を出土。→漢倭奴国王印
岡松和夫の短編小説。昭和50年(1975)発表。同年、第74回芥川賞受賞。