• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動ラ四]
  1. 意識して忘れようとする。思いきる。

    1. 「―・らむて野行き山行き我来れど我が父母は忘れせぬかも」〈・四三四四〉

  1. 記憶をなくしてしまう。

    1. 「天ざかる鄙 (ひな) に五年 (いつとせ) 住まひつつ都のてぶり―・らえにけり」〈・八八〇〉

[動ラ下二]わすれる」の文語形。