[動ラ下一][文]わす・る[ラ下二]
  1. 覚えていたことが思い出せなくなる。記憶がなくなる。「電話番号を―・れる」「―・れられない出来事」

  1. 何かに熱中してうっかり気がつかずにいる。「美しさに我を―・れる」「時のたつのを―・れる」「寝食を―・れて働く」

  1. うっかりして物を置いてくる。「車の中に書類を―・れる」

  1. 意識的に思い出さないようにする。「歌をうたって悩みを―・れる」

  1. すべきことをしないでいる。「戸締まりを―・れる」「銀行に行くのを―・れる」

  1. 対象が記憶から消える。

    1. 「面形 (おもがた) の―・れむ時 (しだ) は」〈・三五二〇〉

出典:青空文庫

出典:gooニュース