• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平安時代以降、弓場始 (ゆばはじめ) 賭弓 (のりゆみ) 歌合わせ詩合わせ・小弓合わせ・闘鶏などの勝負事のさいに、応援や世話をした役。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉