• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 仏教で、念仏を修行する信者の集まり。念仏を行う講中。のち、頼母子講 (たのもしこう) と同様なものに変わった。

  1. 輪姦 (りんかん) すること。

    1. 「無住のあき寺、お娘を正坐に取りまいて、―をはじめるつもり」〈人・梅児誉美・初〉

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉