• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

太鼓・鉦 (かね) などを打ち鳴らし、節をつけて念仏や和讃 (わさん) を唱えながら踊ること。また、その踊り。空也上人が始め、鎌倉時代に一遍上人によって広められたものという。のち芸能化して、近世初期には女歌舞伎にも取り入れられた。空也念仏。踊り念仏。