[名](スル)仏の姿や徳を心中に思い浮かべること。また、仏の名を口に唱えること。観仏称名浄土教では、阿弥陀仏を思い浮かべ、また、「南無阿弥陀仏 (なむあみだぶつ) 」と口に唱えること。特に後者をいう。