1. あれこれと思いめぐらすこと。また、その思い。思慮。

    1. 「名利をむさぼらんとするの―は全く消え」〈藤村・春〉

  1. 仏語。凡夫の浅い智慧であれこれと思いめぐらすこと。また、その思い。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

出典:青空文庫