• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動ラ五(四)]いちずに思う。深く心に思う。また、思い詰める。
    1. 「仔細 (しさい) は語らず唯 (ただ) ―・ってそう言うた」〈鏡花高野聖

[動ラ下二]深く心に留める。
    1. 「―・れたる心ざし、見るに涙ぞこぼれける」〈曽我・五〉