• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[動カ五(四)]

  1. あとに、残念だという気持ちを残す。思い残す。

    1. 「充分御饌 (ごぜん) も頂戴し、…もう―・く事はないと考えて居ると」〈漱石吾輩は猫である

  1. 心に決めておく。思い定める。

    1. 「藤内侍の典侍という人も、かたよりつかうまつるべく―・きたり」〈夜の寝覚・三〉