• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[動ナ下二]

  1. 思いをおさえられなくなる。

    1. 「―・ね心は空にみちのくの千賀の塩釜ちかきかひなし」〈平家・六〉

  1. 判断がつかなくなる。

    1. 「新羅 (しらき) へか家にか帰る壱岐 (ゆき) の島行かむたどきも―・ねつも」〈・三六九六〉