• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ものを思いながら、特に、恋しい人を思いながら眠ること。

「君をのみ―にねし夢なればわが心から見つるなりけり」〈古今・恋二〉